乳首が小さいとこんなデメリットが。乳首を大きくする方法はある?

プチフィット

自分の乳首が友達と比べると、小さいと悩んでいる人もいるかもしれません。

私は陥没乳首で悩んでいましたが、とても仲のいい友達は乳首が人より小さいことで悩んでしましたし…。

乳首が大きい…悩んでいる人もいらっしゃいますが、バストサイズに比べて乳首が小さいのも恥ずかしいし、やっぱりバランスのとれたキレイに見える乳首が理想ですよね。

また、乳首が小さいことで、見た目的な悩みがでることはもちろんですが、人によっては2つのデメリットが発生する場合もあります。

このページでは、乳首が小さいと思っている方のために、デメリットの紹介と合わせて、乳首を適度な大きさにする方法についても紹介しているのでご覧ください。

そもそも乳首の理想の大きさとは?

主婦の友社より出版されている「オトナ女子のためのおっぱいケア手帖 」によると、日本人女性の乳首の平均サイズは約1cm、高さは約9mm、乳輪の直径は約3.5cmとされています。

ただ、これはあくまでも平均値であり、実際の見た目を考えると、バストサイズが大きいのに乳首が平均値なみだと小さく見えてしまいますし、その反対もあるので、個人差は相当にあると思います。

あくまでも目安の数字と考えて、キレイに乳首を見せるためにはバストサイズとのバランスを考えて、大きい、小さいを判断するものだと思います。

乳首が小さいことで起こりやすいデメリット

ただ、明らかに乳首が小さいことで起こりやすいデメリットも2つありますので、それぞれご紹介します。

1.陥没乳頭になりやすい

乳首が小さい場合、凹んでしまう陥没乳首になる可能性があります。

そもそもバストは、脂肪と母乳をつくる乳腺(にゅうせん)でできており、この乳腺を束ねる乳管(にゅうかん)が乳首につながってできています。

バストの成長に伴い、乳腺・乳管・乳首がそれぞれ成長していきますが、乳腺の成長速度に乳管の成長速度が伴わないと、乳管が内側に引き込まれてしまいます。

乳管は乳頭とつながっているため、乳首が正常な大きさであれば、乳管に引き込まれたとしても多少であれば乳首が弁の役割をして、引き込まれることを食い止めることができます。

しかし、乳首が小さいとひっかかる事がなく、すんなりと引き込まれてしまうため、陥没乳首になるリスクが高くなってしまうのです。

もちろん、これはバストサイズに対して、乳首が小さいかということにも関係するので、見た目が小さいからといって、バストサイズに見合った大きさということもあります。

乳首が小さいすべての人が陥没乳首になってしまう…というわけではありませんので、そのあたりは誤解なきようにしてくあさいね。

乳房内の乳管と乳腺の図解

関連ページ陥没乳首になってしまう3つの原因

2.授乳が大変

乳首が小さいことによるもう一つのデメリットは、赤ちゃんができて授乳する時におっぱいをあげるのが大変という点です。

乳首は母乳をあげる際、ストローの吸い口の役割をします。 乳首が小さいと赤ちゃんが吸い付きにくくなり、母乳がでにくい問題が発生するんですね。

ベビー用品のピジョンが作成した動画によると、母乳をあげる際、赤ちゃん口をあけたあと舌に乳首を乗せるように咥えさせます。

乳首を咥えた赤ちゃんの舌は、乳首をUの字のように巻き込みながら舌を前後に動かすことで乳首から母乳を出して飲んでいるそうです。

舌が乳首に対してこの動きをする際に、乳首が一般的な大きさだと赤ちゃんの舌が乳首にしっかりと巻き込むことができるので母乳がたくさんでてきます。

しかし、乳首が小さいと舌を包み込ませるポイントが小さいため、赤ちゃんが母乳を飲もうとしてもうまく母乳が出ずに、赤ちゃんのストレスとなり母乳を飲まなくなってしまう可能性があります。

ちなみに、陥没乳首にもなっていると、さらに赤ちゃんは母乳を飲みにくくなり、ひどい場合は、赤ちゃんが咥えることができなくなり母乳をあげられなくなります。

見た目的に乳首が小さいことはつらいですが、人によってはこのようなデメリットがあるんですね。

では、小さい乳首はどうすれば大きくすることができるのか?次にご紹介していきます。

乳首を大きくする方法ってあるの??

乳首が大きい場合は、乳首の整形手術により乳首の大きさを整えることができます。

では、小さい乳首を大きくすることもできるのではと、大手美容整形クリニックのサイトをいくつか確認してみましたが、陥没乳頭や豊胸、大きな乳首の縮小手術はありましたが、乳首を大きくするという手術は2019年時点では見つけることはできませんでした。

現時点で小さい乳首を大きくする手術は存在しないため、自力でなんとかする必要があるんですね。

では、どのような仕組みで乳首は大きくなるのか調べてみると、乳首の血行を促進させることにより、成長をサポートすることで乳首が大きくなる可能性はあるようです。

そこで、効率的に乳首の血行を促進させるセルフケア方法についてご説明します。

マッサージで乳首の血行促進をする方法

乳首を定期的にマッサージすることで乳首の血行を促進することができます。

ここでは、病院で推奨されているマッサージ方法を2つご紹介します。

このマッサージは陥没乳首を引き出しやすくするときに病院で推奨される方法ではありますが、 血行を促進するという意味では乳首が小さい方にも使える方法です。

確実…というわけではありませんが、日々のケアとして試してみると、乳首の成長をサポートできるかもしれません。

両手を使ったポピュラーな乳首マッサージ法

1つ目が両手で行うホフマンテクニックというマッサージ方法です。

やり方はいたってシンプル。

  • 1.両手の親指を使って、左右から乳首の根元に向かって力を入れながらはさむ
  • 2.ギュッと強く押さえて5〜10秒ほどしたら上の方に向かって引き出すように離す

これを1日5〜6回ほど繰り返すだけなので、方法だけみてばとても簡単なようにみえますね。

乳房内の乳管と乳腺の図解

産婦人科でも教えてもらうことができるこの方法は、上記の方法を1日5-6回繰り返すだけなのでとても簡単ですね。

ただ、私もやってみましたが、力加減が難しいです。

強くやりすぎると痛みを感じますし、甘めに押さえても今度は離すときにあまり力がかからず効果がなさそうに感じます。 慣れるまでは力加減を調整しながらやってみましょう。

片手で行う乳首マッサージ方法

2つ目が、片手だけでできるマッサージ方法です。

  • 1.親指、人差し指、中指で乳首をつまむ
  • 2.乳首が硬いと感じた場合は5-10秒、普通の固さの場合は3秒間かけて少しづつ圧迫。これを乳輪、乳首部の位置を変えながら1分ほど圧迫
  • 3.横方向、こよりをつくるような感じで揉みずらす
  • 4.横方向が完了後、縦方向にも同じ要領でマッサージ
乳房内の乳管と乳腺の図解

1日8回ほど行うことが推奨されていて、ほぼ2~3時間ごとに行う必要があるため、タイミングよい時間をみつけて行ってみましょう。

横方向にこよりをつくる動きは痛みを感じることが多いため、最初は痛くない程度にし、慣れてきたら徐々に力を強めていき十分に揉んでいきます。

乳管が敏感な方はまずは圧迫になれ、そこから“こより”を作る動きを少しおこない、日数をかけて慣れていきましょう。

マッサージの強さは、乳首をつまむ時は指が白くなるほどまで十分な力で圧迫しましょう。

ただし、これはあくまでも目安です。

個人差はあるため、痛いと感じた場合は少し力をゆるめるなど調整しても大丈夫です。

ナイーブな部位だからこそ力加減は慎重に判断しましょう。

陥没乳首専用クリームを使ってマッサージの効果をさらに高める

乳首マッサージを行う際は、指の滑りを良くすると痛みを感じにくくなるため、オイルなどを使用すると効果的です。

市販の馬油やオリーブオイルなどを使っても良いですが、より効果を高めるためには乳首専用のクリームをつけてみるとさらに効果を高めることができます。

なかでもピュアナスという商品は、陥没乳首を改善するために開発された専用のクリームで、乳管の細胞を活性化・血流促進効果が期待できる成分が以下のように配合されています。

ピュアナス

血行促進成分

オリゴペプチド-20
カミツレ花エキス
インドナガコショウ果実エキス

ピュアナスを塗ってからマッサージをすることで、クリームの配合成分が浸透してさらに血行促進することができるというわけですね。

ピュアナスのクリームを指先に小豆大に取り出す

ちなみに、乳首マッサージをずっと続けていると、刺激によって色素が沈着しやすく、乳首が黒くなってしまう場合もあります。

しかし、ピュアナスには、乳首の黒ずみをケアする成分も配合されているため、乳首の成長をサポートしながら黒くなることも防いで自然でキレイな色に近づけることができるのでオススメです。

ちなみに、私は陥没乳首を治すために使用しましたが、3ヶ月間でぷっくりとした理想の大きさの乳首になりましたよ。

乳首が小さいとお悩みの方も、マッサージと併用することでお試ししてみるのもいかがでしょうか?

ピュアナスのクリームを指先に小豆大に取り出す

関連ページピュアナスの効果を高める使い方と3ヶ月で陥没乳首はどう変わった?。口コミ評価も。

公式サイトなら25%割引で購入可能!

妊娠すると乳首が大きくなることもある

妊娠をすると、エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが体内で増加し、これが原因で乳首が大きくなることがあります。

具体的にはプロゲステロンが乳腺を発達させ、エストロゲンは乳腺を増殖させます。

乳腺の周りに脂肪がついてくるため、バストが大きくなると共に、バストの成長とあわせて、乳管や乳首も大きくなるんですね。

これが、妊娠による乳首の成長です。ただし、個人差はあるのと、授乳期が終わるとバストは小さくなるので、それに伴い乳首も小さくなっていきます。

乳首を小さい場合は地道にマッサージを

乳首が小さい場合と見た目だけでなく、2つのデメリットがあることがわかりました。

陥没乳首になる可能性があるほか、赤ちゃんができて授乳する際に、おっぱいをあげにくいというデメリットがあることがわかりました。

美容クリニックなどでも、乳首を大きくする整形手術を行なっているところはありませんでしたが、マッサージをすると乳首を大きくすることができるんですね。

クリームや馬油などを使ってマッサージするのもありますが、専用クリームであるピュアナスを使用すると配合されている成分の効果もあるため、さらに効率的に理想の乳首の大きさにすることができますよ。

公式サイトなら25%割引で購入可能!