陥没乳首を1年で自然に(?)治した驚きの方法

乳首吸引器は大きく分けて3タイプ

「陥没乳首のページを作ったよ~」となにげなく仲の良い友達にしゃべったところ、あれよあれよというまにLINEで拡散(笑)。

ワタシが陥没乳首だったことがあっさりバレでちょっとショック…と思っていたら、その中のお友達からメッセが。

「知り合いも陥没乳首だったけど自然に治ったって言ってたよ♪」

類は友を呼ぶというか、まず陥没乳首仲間が身近なところにいたなんてオドロキですが(笑、それよりも気になったのが”自然に治した”というくだり。

陥没乳首って、一般的に治す方法だと手術をするか、乳首吸引器を使うか、ワタシが使ったピュアナスクリームでケアして改善していくかの3択くらいしかないと思うのですが、自然というのがどういう方法なのかとにかく気になります。

お金をかけずに自然に治る方法ってあるのでしょうか....?

たちまち興味津々になったワタシ、仮にXちゃんとしましょうか、友達にその知り合いに連絡をとってもらい、お話を聞かせてもらうことになりました。

お会いしてみると、ワタシと同じ中度の陥没乳首だった

2週間ほどして、近所のスタバで友達と一緒にあらわれたXちゃん。吉岡里帆ちゃんか、飯豊まりえちゃんかというくらい大人カワイイ感じです。

カンタンに自己紹介&雑談させてもらったあと、興味深々な陥没乳首についてお話を聞かせてもらうことに。

Xちゃんもワタシと同じく、小さい頃から気づいた時には自分の乳首がへこんでいたことに漠然と気づいていたそうです。

どれくらい陥没してたんですか?と聞いてもよくわからないので、恥ずかしながら単刀直入にワタシの陥没乳首の画像をみせると、

「そうそう、ワタシもこんなかんじだったよ!でももうちょっと凹んでいたかな(笑)」

とかなり率直に言っていただけました(笑)

重症度でいうと、ちょうど中度くらいだったんじゃなんでしょうか?
でも今は、しっかりと普通の乳首の状態になっていて、指でへこましても数分で元に戻る状態になっているそうで、見た目にもほとんど気を使わない状態まで回復しているそうです。

ここでワタシは吸引器とかいろいろグッズを試して、ピュアナスというクリームを使って治したことを説明。

ピュアナスの本体

関連ページピュアナスの効果を高める使い方と3ヶ月で陥没乳首はどう変わった?。口コミ評価も。

「へぇ~、今はそんなアイテムがあるんですね、ワタシも使えばもっと良くなるのかなぁ?」

いえいえ、グッズを使わなくても自然に治すことができたほうがすごいですよ~なんてツッコミを入れながら、自然に治した方法について聞いてみることに。

すると、ここからは、想像できなかったオドロキの方法だったのです。

お金に困って大人のお店ではたらくことが陥没乳首が治るきっかけに。

聞けば陥没乳首が治ったのはちょうど5年前のこと。
今でこそ介護関係のおシゴトをしているXちゃんですが、そのときは、シゴトにあまり乗り気でなく、たまにバイトする程度。どちらかというと遊んでいる時間が多かったのだそうです。

そんな時、運悪くご両親どちらも相次いで病気で入院することになってしまい、いつも以上にお金が必要な状況に…。

とりあえずバイトを掛け持ちするなど、がんばってみたものの、必要なお金には届かなかったそうです。。

普段はフワッとしてるけど、いざとなったら正義感の強いXちゃん、そのときも「これはワタシがなんとかしなくちゃ…」と思って一念発起して向かった先は、、なんと、風俗店!

業種こそ、ここでは割愛しますが、、飲み屋とかにあるような安っぽいお店ではなく、男性が支払うなら○万円はするようなそれなりの価格のするお店でさすがに芸能人の方は来店されなかったようですが、マスコミ関係などの方は出入りするような高級なお店だったそうです。

「今までそんな経験もないのに、いきなりそんなお店にいくなんて…」
と、別の意味で興味あるものの、陥没乳首と全く関係ないハナシになりそうなのですが(汗)、実はこのお店に勤め始めてからが、陥没乳首が治るきっかけになったのだと。

一体Xちゃんははどういう対策を行い、自然に治っていったのか、その方法の数々を披露していただきました。

吸われることに、とにかく耐える、耐える!

「頼もー」とまるで道場破りのように勇んで面接に向かったお店は、決して怪しいヒトが経営しているお店ではなく、とても丁重に扱ってもらって拍子抜けしたそうです。

やってくるお客さんも風体が悪いとか、酔っぱらいが来るようなお店ではなく、だいたい紳士的な方が多く、その点は安心できたとか。

ただ、お客さんへのサービスとなるとハナシは別。
もともと陥没乳首に対して特別コンプレックスをもってはいなかったものの、目の前で「陥没乳首だねー」、とか言われてショックな事もあったそうです。

それ以上に共通するのが、乳首を吸われる機会がとにかく多かったのだそう。

Xちゃんの陥没乳首は、ワタシと同じく、吸いだせば一時的に元に戻るタイプだったので、お客さんも意識されたのでしょうか…?

しかもこのお店、朝から出勤すれば夜までほぼお客さんがつきっぱなしだったという人気店。さらに出勤スケジュールはしっかり週4回と決められていたので、とにかくハードスケジュールだったそうです。

「吸われすぎて痛くなかったんですか?」と聞いてみたら、

「お客さんにもよるけど、強く吸われたり、指で引っ張られると正直すごく痛かったですよ。乱暴なお客さんだったら、数日痛いこともあったかな…。でもサービスの途中だからお客さんにカンタンにやめてとも言えないし…」

と、なんと痛くても文句ひとつ言わずひたすらガマンする日々だったのだとか。
す、すごい…。

ただ、その吸われることに耐え続けた結果、半年くらいしたある時、痛い乳首の部分をケアしようとふと引っ張ってみると、これまでだったらすぐに凹んだ状態に戻っていたのに「あれ、戻りが前より遅くなってる…」と気づいたのだそうです。

あとは、ブラジャーをつけるときに乳首の出っぱりを感じるようになったのも、陥没乳首じゃなくなっている!と感じたポイントだったとか。

1年とちょっと勤めて、お金の心配もなくなったのできっぱり卒業したそうなんですが、そのころには、もう普通の状態でも乳首が出たままの状態になっていたそうなのです。

お仕事を辞めた後でも陥没せずにキープされていることもスゴイ!

「正直つらいことが多かったけど、陥没乳首がいつのまにか普通の乳首に自然に治ったのは数少ないいいことだったかも…」

遠い目でXちゃんはこう申していましたが、吸う=吸引するということが陥没乳首の治すうえで大事なポイントということに妙に感心してしまう自分がいました。。

体のケアを入念に行うことで女性ホルモンが活性化→乳首が大きく?

しかしですね、単純に吸引するだけじゃやっぱり全部が全部治るとは思わないんですよ。
陥没乳首の程度に実際吸引器を使い続けたヒトでも治らない場合が多いわけで。。

そのことを率直にぶつけてみると、

「吸われるとか、揉まれるからマッサージ的な効果もあったのかな?血行が良くなってたり(笑」

とあっけらかんとしたお答え(笑。

でも実際始める前はDカップだったのが、やめたときにはEカップに成長していたそうで、バストアップの効果もあったとか。

あと、体が第一(?)のお仕事なので、そのためのケアはかかさなかったそうです。

毎晩のスキンケアを入念に行うことはもちろんのこと、お店からのアドバイスで、定期的にエステ店に通ってトリートメントケアをしていたそうですし、スケジュールに厳しく、とにかく欠勤することが難しいお店だから、体調管理も万全に。

お店にいるときは3食しっかり摂ることができますし、美容に良いサプリとかも愛飲し、ムダなおやつや、間食もあまりしないことで、体重コントロールもしっかりおこなっていたそうです。

「今の生活より、あの時のほうが女の子らしいケアができてたらか、女性ホルモンがある意味活性化していたのかも?、体調もその時のほうが良かったと思うし。」

なるほど、Xちゃんの責任感の強さもたいしたものですが、お仕事を続けるために、体の内側もしっかりケアすることが、陥没乳首が自然に治ることにつながったのかも…。と感じてしまいました。

陥没乳首を改善していくために得られたヒントとは?

ここまでXちゃんの自然に治った経過を聞いてみたわけですが、多くの方に陥没乳首を治すために、この方法がそのまま使える…とはとても思えず、というか、そもそもXちゃんのような気概と高い責任感がない限りお仕事自体つとめあげることはできません(苦笑)

また、陥没乳首が治ったのはあくまで結果論であり、そのためになにか特別なケアをしたというわけではありません。

ただ、これらの経験を応用しての、自然に陥没乳首を改善するヒントは見つかったような感じがします。

まずひとつは、吸引することは、決してムダな作業ではなく、より長く続けることで一定の効果があるということ。短期間に集中するわけではなく、やはり根気強く続けていくことが必要なのではないかと思います。

もちろん、Xちゃんのお仕事のように、痛くてもガマンすることはいただけませんが、、、

さらにもうひとつは、吸引するだけではなく、乳首にあたる乳管やそこにつながる乳腺の成長もさせることで、より効果が高まるということです。

トップページでも紹介しましたが、陥没乳首になってしまうそもそもの原因は、乳首の内側にある乳管が成長しきれず、下につながっている乳腺によって奥に乳首が引っ張られた状態になっていることが原因といわれてます。

ただ吸引だけして出してもすぐ元に戻ってしまうのは、バストからつながっている乳腺に引っ張られることでキープするチカラがないことが原因です。

乳房内の乳管と乳腺の図解

つまりずっと乳首が出続ける状態にするには、乳管や乳腺自体を成長させることが大事になってきますよね。

これらを成長させるには、女性ホルモンの分泌を良くする、バストの血行を良くして、発達を促進させる必要があるそうです。

Xちゃんの場合だと、お仕事のために日々体調や女子力アップのためのケアを続けていたおかげで、女性ホルモンや血行が良くなり、乳管や乳腺が成長し、陥没乳首が治っただけでなく、さらにはバストアップにもつながっているので、この理屈はあながち間違っていないのでは?と思います。

ワタシの使ったピュアナスも理論的には同じメカニズム?

さらに、ワタシの陥没乳首を治すグッズとなったピュアナスもまさにこれと同じメカニズムを持っていると感じざるを得ません。

陥没乳首改善専用クリームとアピールされているピュアナスには、Xちゃんが全身に行っていたカラダのためのケアを陥没乳首のために集中させたような対策グッズです。

プチフィットを乳首に吸着させた状態

血行促進や女性ホルモン活性化で乳首の大きくするための成分を合計6種類配合し、効率的に乳管の成長を促進でき、さらには天然成分ばかりが配合されているので、体への副作用も心配することはありません。

さらにもうひとつ、ただ塗るだけではなく”吸引”という作業もあり、クリームを塗る前に付属の吸引器を使って乳首を引き出してから、ピュアナスを塗るとより効果的であると説明書に書かれています。

付属の吸引器で乳頭部分の引き出しを行う

吸引力は以外なほど強く、ずっとやっていれば正直痛いですが、あくまで乳首を引き出してクセ付けるための手順ということで、わずか数分ほどで完了、ずっと続けることはないですし、痛くなることもぜんぜんありませんでした。

日々の吸引と乳首を内側から成長させることによって自然に治ったXちゃんの方法をそのまま凝縮したように、効率よく陥没乳首を治すアイテムに見えてきますね。

ワタシも使い続けて効果を実感したアイテムなので、お悩みの方は一度試してみてはいかがでしょうか?

関連ページピュアナスの効果を高める使い方と3ヶ月で陥没乳首はどう変わった?。口コミ評価も。