病院推奨の陥没乳首のマッサージ方法は2つ!さらに効果を高める方法とは?

プチフィット

陥没乳首で悩んでいる方は、自分で乳首を刺激したら出てくる仮性陥没乳首だと、自宅で陥没マッサージを続けることにより改善できる可能性があります。

また、ずっと出ていなくても、授乳の時だけマッサージをして、乳首が出たら赤ちゃんにタイミングよく咥えさせることもできますよね。

方法さえわかれば今日からすぐにできる簡単な方法ではあるのですが、より正しくマッサージをすることでより効果的に乳首を出せることはご存知ですか?

医院でも紹介されているマッサージの方法と合わせて、効果を高めるタイミングや注意点についてもまとめているので、陥没乳首で悩んでいる方は是非今日からチャレンジしてみてください。

医療現場でも紹介されている2つのマッサージ方法のやり方

乳房内の乳管と乳腺の図解

陥没乳首は、おっぱいの中にある乳腺(にゅうせん)の成長に対して、乳首の中にある乳管(にゅうかん)の成長が追いつかず乳頭が内側に引き込まれることで発生するといわれています。

要するに乳管が未熟な状態だと発生する訳です。

これを治すためには、乳頭を引っ張りし続けると共に乳管自体を成長させる必要があります。

だからといって、デリケートな部分にむやみやたらにマッサージをすればよい訳ではありません。

病院でも紹介されている正しいマッサージ方法が2つあるので、まずはその方法をご紹介します。

ホフマンテクニックは両手を使ったポピュラーな乳首マッサージ法

最も有名なマッサージがホフマンテクニック(別名:ブルックスホフマン法)です。

日本看護協会出版会から出ている、看護師を目指す人の教科書『助産師基礎教育テキスト』でもこの方法は紹介されているため、産婦人科でも教えてもらうことが多いポピュラーなマッサージ方法です。

やり方はいたってシンプル。

  • 1.両手の親指を使って、左右から乳首の根元に向かって力を入れながらはさむ
  • 2.ギュッと強く押さえて5〜10秒ほどしたら上の方に向かって引き出すように離す

これを1日5〜6回ほど繰り返すだけなので、方法だけみてばとても簡単なようにみえますね。

乳房内の乳管と乳腺の図解

ただ、 私も1ヶ月近く試してみましたが、最初は力加減が難しく、強くやりすぎると痛みを感じますし、甘めに押さえても今度は離すときにあまり力がかからず効果がなさそうに感じました。。

力加減があっているか自信のない方は、母乳外来や助産師さんへ行き、正しい力加減を確認してみるのもよいでしょう。

片手でできる乳首マッサージ

ホフマンテクニックは両手をつかって行うマッサージ方法ですが、こちらは片手だけでできるマッサージ方法です。

順天堂大学が季節ごとに創刊している季節誌『こうのとり』に掲載されていましたのでご覧下さい。

  • 1.親指、人差し指、中指で乳首をつまむ
  • 2.乳首が硬いと感じた場合は5-10秒、普通の固さの場合は3秒間かけて少しづつ圧迫。これを乳輪、乳首部の位置を変えながら1分ほど圧迫
  • 3.横方向、こよりをつくるような感じで揉みずらす
  • 4.横方向が完了後、縦方向にも同じ要領でマッサージ

乳房内の乳管と乳腺の図解
ホフマンテクニックと並んで、産婦人科や各地の病院で教えられている乳首マッサージの方法です。

横方向にこよりをつくる動きは痛みを感じることが多いため、最初は痛くない程度にし、慣れてきたら徐々に力を強めていき十分に揉んでいきます。

乳管が敏感な方はまずは圧迫になれ、そこから“こより”を作る動きを少しおこない、日数をかけて慣れていきましょう。

マッサージの強さは、乳首をつまむ時は指が白くなるほどまで十分な力で圧迫しましょう。

ただし、これはあくまでも目安です。個人差はあるため、痛いと感じた場合は少し力をゆるめるなど調整しても大丈夫です。ナイーブな部位だからこそ力加減は慎重に判断しましょう。

このマッサージは、1日8回ほど行うことを推奨されています。

起きている時間を考えると、朝起きてから寝るまで2時間ごと行う必要があるため、片手でできるとはいえ慣れるまでは大変でしょう。

マッサージだけで陥没乳首が治るのであれば1日8回のマッサージも苦にならないでしょうが、できることなら少しでもより効果を高めたいですよね。

そこで、今紹介したマッサージの効果をさらに高める方法について次にご紹介します。

陥没乳首のマッサージの効果を高める2つのポイント

マッサージの効果を高めるポイントは、“より滑りをよくして圧迫しやすくする”ことと、“より血行促進しやすい環境を作ること”の2つがポイントとなります。

これにより、乳首を成長をうながすことができるので、その高めるために具体的にどのようなことをしたらいいのか順にご紹介します。

1.乳首が出やすくなるようにオイルを使用する

マッサージをする際、滑りをよくすることで、指の動き自体が良くなり乳首を圧迫しやすくなります。

また、陥没している乳首が出やすくなるほか、痛みを感じにくくなるため、ストレスを少なくして圧迫できるのもポイントの1つでしょう。

ですので、乳首マッサージをする際は、オイルなどを指につけてからマッサージすると効果的です。

使用オイルは、馬油やオリーブオイルなどでもいいのですが、より効果を高めたいのであれば専用のクリームをつけてみるのがよいでしょう。

ピュアナス

中でも、陥没乳首専用クリームのピュアナスは、塗布することでスムーズにマッサージができてしまいます。

さらに、クリーム自体に乳管の細胞を活性化・血流促進効果が期待できる成分が配合されているため、マッサージの効果にくわえて乳管の成長を助けてくれる役割もあります。

ピュアナスのクリームを指先に小豆大に取り出す

ほのかにローズの香りがただよう透明のジェルクリームになっていて、クリーム自体にベタつきもなく、すべりは良いけれど、ほどほどよいサラサラ感があり、他のオイルと違ってマッサージ後に拭きとる必要もありません。

さらに、乳首をたくさん触っていると黒ずみが気になるという方もいるかと思いますが、ピュアナスには乳首の黒ずみをケアする成分まで入っているので安心です!

私も陥没乳首を治すために、ピュアナスを使っていましたが、3ヶ月で効果を感じたのでオススメですよ(^^)。

公式サイトなら25%割引で購入可能!

2.入浴時にマッサージをするのがオススメ

乳首マッサージをするタイミングもポイントです。

ホフマンテクニックは1日5~6回、もう一つの方法は1日8回のマッサージが推奨されているため、基本的には空いている時間にマッサージをするようにしましょう。

ただし、その内1回はお風呂上りの体がポカポカしている時にマッサージすることをおすすめします。

お風呂上がりは水圧と温度変化により血圧が上がり、血流がとても良くなります。

このタイミングは身体中の血流がよくなっているので、乳首マッサージをするとさらに高い効果が期待できます。

また、お風呂上がりは指も乳首もキレイであるため、衛生面的にもオススメできますね!

ここまでわかれば即実践!というわけではありません。陥没乳首マッサージを行うときには、注意すべきポイントもあるのでそちらを理解してから実施するようにしましょう。

マッサージする際の注意点も2つ

陥没マッサージをするときには、2つの注意点がありますので、ご紹介します。

爪は短く清潔にする

陥没マッサージをする際、陥没している乳首を刺激して出す必要があります。

基本的に指の腹や乳首吸引機で乳首を出すことをオススメしますが、間違って爪でかき出すように乳首を出している人もいるかもしれません。

乳首を出すことはマッサージをする上で必要ですが、その際に爪が長いと乳首を傷つけてしまう可能性があるため、爪は短くしておきましょう。

また、垢がたまった爪で乳首を触ってしまうと乳首に汚れがたまり、炎症やかゆみを引き起こす原因にもなるため爪自体を清潔にすることを心がけましょう。

妊娠36週目以降と妊娠初期はしない

現在妊娠している方は特に気を付けましょう。

陥没マッサージをすると、オキシトシンというホルモンが分泌されます。

オキシトシンは出産の時に子宮を収縮させるために分泌されるホルモンであり、子宮を収縮させることで、赤ちゃんを押し出す効果が期待できます。

このような効果が期待できるオキシトシンは陣痛促進剤としても使用されているのですが、逆に妊娠初期にマッサージをして分泌されてしまうと子宮収縮することがあるため、妊娠初期はリスクを考えて控えたほうがよいです。

陥没乳首マッサージをしてお腹が張ったりすると切迫早産の可能性もあるため、妊娠している方は37週目以降にするようにしましょう。

マッサージをできないほど乳首が陥没している場合は乳首吸引器を利用するか病院で手術をするか

陥没乳首マッサージはなんらかの刺激で乳首がでる状態にある人でないと、十分な効果は見込めないといわれています。

刺激して乳首が出てくる仮性陥没乳首の場合だと、マッサージを続けることで陥没乳首が治る可能性がありますが、刺激しても乳首が出てこない真性陥没乳首の場合だと、乳首を手で持つことができないため、そもそもマッサージすることができない場合があります。

乳首吸引器を試してみる

ピュアナスのクリームを指先に小豆大に取り出す

指で刺激しても十分に乳首が出てこない場合は、乳首吸引器を使用してみましょう。

乳首吸引器には3種類あり、手動式、電動式、装着式があります。

ポンプ式は安価だが痛み強く手間がかかるデメリットが、電動式は一番吸引力が強いけど価格が高く手動式以上に痛みがあるデメリットが、装着式は長時間吸引できるけど蒸れて肌があれてしまう可能性があるデメリットがあります。

このようにそれぞれにメリットデメリットがありますが、まずは手動式を試してみて効果がありそうと感じれば、他のタイプも検討してみてもいいかもしれませんね。

関連ページ乳首吸引器は大きく分けて3タイプ!陥没乳首は本当に治すことができる?

病院で手術も最終手段としてあるが注意は必要

乳首吸引器を使ってみても乳首がでてこない場合もあります。

乳首マッサージでもだめ、乳首吸引器でもダメという場合は、病院での手術が対策方法になります。

手術は陥没乳首を治すのには、もっとも確実といわれる方法です。

もちろん、費用が片側でだいたい20-30万円ほどするため高額であることや、手術後は一時的に治ったけれども再発したり、手術後の乳首が左右違う大きさになったりするなど問題がないともいえません。

関連ページ病院で治療する場合の陥没乳首のさまざまな手術法

もちろん、最後の最後は手術でしか陥没乳首を治すことができませんが、そこまでならないために先ほど紹介したような、陥没乳首クリームピュアナスを使用したマッサージや、吸引器での対策を継続的に試して見ることをオススメします。

ピュアナスの改善結果

ワタシの場合は、ピュアナスを使いつづけて3ヶ月間で乳首が出る状態にまで治ったので、ぜひ参考にしてみてください。

関連ページピュアナスの効果を劇的に向上させる方法!3ヶ月使って実感した効果と口コミ評判は?