陥没乳首になってしまう3つの原因

陥没乳首(陥没乳頭、へこちく)に悩んでいる人について調べてみると、図書館で見た「形成外科ADVANCEシリーズ II-5 乳房・乳頭の再建と整容 最近の進歩 第2版」(2010年発行)という形成外科の専門書の247ページにこういう情報がありました。

発生頻度は、切除乳房、検診で検討した結果、1.8~3.3%の割合で発生する

と書かれています。

また、その原因は生まれつきの先天的なものがほとんどであるけれど、突発的になってしまう後天的なものもあるとされています。

このページでは、なぜ陥没乳首が起こってしまうのか、なぜ陥没乳首に悩む人の数が増えている原因についても合わせて考察してみたいと思います。

その1.バストの過度な成長が陥没乳首の原因に

貧乳よりも巨乳の方が彼氏に喜ばれる!と日々バストアップに励んでいる方も多いと思います。

しかし、バストの急な成長に乳首の成長が追いつかず、陥没乳首が目立ってくることがあるので、特に思春期の方は気をつけてください。

先ほどの「乳房・乳頭の再建と整容 最近の進歩 第2版」には、

妊婦では10%にのぼるとされているので、乳房の増大に連れて頻度は上昇することを意味する

と書かれており、あくまで妊婦さんに限ってですが、バストが大きければ陥没乳頭になりやすくなる因果関係があるといえそうです。

なぜバストが大きくなると陥没乳首になりやすくなるのかをもう少しくわしく調べてみると…。

バストの成長に乳管の成長が追いつかない

そもそもバストの中身は、脂肪乳腺(にゅうせん)でできており、その割合は9:1と言われています。

乳腺というのは、母乳をつくるところで、バスト内に15〜20ほどあり、それらを乳管(にゅうかん)が束ねて乳首につないでいる構造になっています。

乳房内の乳管と乳腺の図解

乳管というのは、乳首の中にあり、乳腺でできた母乳を外に出すパイプのようなものです。

バストの成長とともに、中にある乳腺も発達し、その周りに脂肪がつくことで大きくなっていくのですが、乳腺をつなぐ乳管が成長していないと、乳腺と脂肪が乳管を内側にひっぱった状態になり、陥没乳首になってしまいます。

都市伝説的に巨乳の人は陥没乳首が多いといいますが、これは思春期にバストが大きく成長したけれど、乳管の成長が追いつかず、乳首が出ない結果になってしまうのです。

さらに、近年陥没乳首の人が増えていることと、日本人女性のバストサイズの関係は比例するものになっているようです。この記事には、下着ブランドトリンプのカップ別売り上げ推移が書かれています。

トリンプのカップ別売り上げ推移

C、Dカップが全体の半数を占め、中でも、1980年はDカップ以上の割合はたった4.5%ほどでしたが、2014年には46.3%と10倍以上に増えていることがわかります。

30年ほどの時間で日本人のバストサイズはこれだけ大きくなっているのに、乳頭の発達は日本人の体質としてそう変わらないため、陥没になる人が増えているのでは?と思います。

その2:食の欧米化が先天的に陥没乳首を助長している!?

では、なぜバストが昔に比べて大きくなっているかといえば、食の欧米化にあります。

バストの9割は脂肪でできていて、広い意味で言えば、脂質の多い食べ物を多く食べると、バストサイズは大きくなるといえます。(もちろんバランス等もありますが…)

1980年以降、バストサイズは年々大きくなっているのは、先ほどのデータのとおりですが、その間に食生活はどう変わったか調べてみると…

肉の消費量

40年以上前に比べて肉の摂取量が圧倒的に増えているんですね。

1991年には、輸入牛肉の全面自由化となり、この頃から食卓に牛肉が並ぶ頻度が多くなりました。肉はカロリーも脂質が豊富なことから、たくさん食べることでバストアップにつながるといえます。

また、1987年にマクドナルドの「サンキューセット」が流行語大賞を受賞しマクドナルドはかなり広い一般層も日常的に食べるようになりました。

マクドナルドにも牛肉がたくさん使用されているので、やはり牛肉摂取量に大きく影響しているひとつなのかもしれません。

バストが大きくなることは良いことともいえますが、陥没乳首になる遠因になっているのかもしれません。

その3:間違ったサイズのブラジャー選びが…

最近ではかわいいデザインやバストを盛って見せることができるブラジャーもでてきていますが、サイズ選びまで気にしていますか?

通常ブラジャーはバスト全体を多い乳首を隠す程度で装着するようになっています。

しかし、サイズの小さいブラジャーをつけると、胸は盛って見えるのですが、乳首がバストに押し込まれた状態で固定され、胸が圧迫されてしまうことになります。

また圧迫されることで、乳首が蒸れて不潔な状態になり、乳腺炎をはじめとした乳首にまつわる病気にもなりやすくなることから、やはり注意が必要です。

でも、自分はきちんとしたサイズのブラジャーを選べているはず!と思っている方もいるでしょうが、2008年にワコールが調べた調査データによると、71%の人がブラジャーのサイズを間違い、54%の人が小さいブラをつけていたということです。

2008年にワコールが調べた調査データ

ですので、思春期の方はとくにブラジャーのサイズに気をつけておくようにしましょう。

また、すでに陥没乳首になってしまっている人もこのままですと、汚れがつきやすくなったりしてしまいます。

自分が今つけてるブラジャーのサイズが正しいか、着用方法は間違っていないかをまず、確認してみるようにしましょう。

ちなみに私は、小さい頃から陥没乳首でしたが、ピュアナスという陥没乳首専用改善クリームを塗ることで。陥没乳首を改善させることに成功しました!

ピュアナス

「クリームで陥没乳頭が治るの?」と疑問に思うかもしれませんが、ピュアナスは、乳首が乳房の中に引き込まれている力をやわらげる作用があり、自然に引き上がってくるサポートをしてくれるのです。

すこし言葉ではわかりにくいので、この図を見てもらうとわかりやすいと思います。

ピュアナスピュアナス

ブラジャーで押し込まれた乳首であれば、毎晩ピュアナスのクリームでケアすることにより、徐々に引き込まれた力が消えていき、自然にぷっくりと乳首を押し出すことができると思います。

実際に私はピュアナスを使いつづけてみて、1ヶ月後にはこんな感じになりました。

1ヶ月後に撮った乳首のビフォアフ画像

ピュアナスを使い始めて1ヶ月くらいたったときの乳首の変化、真ん中を除いて周りの部分が盛り上がってきている

真ん中はまだへこんでいるものの、乳首の周りが盛り上がったような感じがずっと続いています。正直どのタイミングでこうなったかは気づかなかったけど、明らかに少しずつ乳首がでてきて最初よりも引き出せた感じのようになっています。

そして3ヶ月後には真ん中のくぼみもなくなってきて、あるときお風呂前に見ると、ほぼ解消されてきました。
その時の写真画像がこちらです。

約3ヶ月後の乳首の状態

別人か?と思いますが、同じヒトですよ(笑。
使いはじめてからの一部始終の体験談と、使った方の口コミは以下のページにまとめていますので興味のある方はごらんくださいね。

関連ページピュアナスの効果を高める使い方と3ヶ月で陥没乳首はどう変わった?。口コミ評価も。

公式サイトなら25%割引で購入可能!

その4:後天的な陥没乳首の原因は?

陥没乳首は、生まれつきともいえる先天性の原因がほとんどだといわれていますが、バストに関わる手術を過去にしていたり、乳がんが原因で後天的に陥没乳首になることもあります。

今まで普通の乳首だったのに、ある日急に陥没乳首になった場合は、念のためすぐに病院へいき診察してもらうようにしましょう。

ここまで、陥没乳首の原因についてまとめてみましたが、やはりこの状態になっていることは、ワタシも大きな悩みでしたし、ほかの方も同じように思っていらっしゃるのではないでしょうか?

ほかにも陥没乳頭にまつわるさまざまなことを以下のページにまとめていますので、ご興味のある方はご覧ください。