陥没乳首(陥没乳頭)になる3つの原因と治し方は?

陥没乳首(陥没乳頭、へこちくともいわれます)に悩んでいる人について調べてみると、図書館で見た「形成外科ADVANCEシリーズ II-5 乳房・乳頭の再建と整容 最近の進歩 第2版」(2010年発行)という形成外科の専門書の247ページにこういう情報がありました。

陥没乳頭の発生頻度は、切除乳房、検診で検討した結果、1.8~3.3%の割合で発生する

と書かれています。

100人あたり、2~3人の方は陥没乳首になっている計算になりますね。。

割合としては少なく見えてしまいますが、ではなぜ陥没乳首は起こってしまうのでしょうか?

くわしく掘り下げて調べてみると、現在の生活習慣の変化が影響して、増加している症状であることがわかりました。

その3つの原因をこれからご紹介しますが、陥没乳首は治せないものでは決してありません。

陥没乳首の程度にもよりますが、さまざまなケア方法によって改善させることは可能です。

なにをかくそう、この記事を書いているワタシも、あるアイテムを使って陥没乳首を治すことができました!すぐに見たい方はこちら!

このページでは、陥没乳首の治し方についてもワタシの実体験を交えながらお伝えしたいと思います。

原因その1.バストの過度な成長が陥没乳首の原因に

貧乳よりも巨乳の方が見た目が良い!と日々バストアップに励んでいる方もいらっしゃると思います。

しかし、バストの成長によって、正常だった乳首が陥没乳首になってしまうことがあるそうです。

先ほどの「乳房・乳頭の再建と整容 最近の進歩 第2版」には、

妊婦では10%にのぼるとされているので、乳房の増大に連れて頻度は上昇することを意味する

と書かれており、出産時にバストが大きくなったときと同様に、思春期でのバストの成長がきっかけで陥没乳首になってしまう因果関係はあるといえますね。

ではなぜバストが大きいほど陥没乳首になりやすくなるのかをもう少しくわしく調べてみると…。

バストの成長に乳管の成長が追いつかない

そもそもバストの中身は、脂肪乳腺(にゅうせん)でできており、その割合は9:1と言われています。

乳腺というのは、母乳をつくるところで、バスト内に15〜20ほどあります。

それらを乳首の中にある乳管(にゅうかん)という母乳を外に出すパイプのようなものが束ねてつないでいる構造になっています。 (図解参照)

乳房内の乳管と乳腺の図解

バストが成長するに従って、中にある乳腺も発達し、その周りに脂肪がつくことで大きくなっていきます。

ただし、バストの成長と同時に乳首も成長するとは限りません、というか乳首の大きさはだいたいそのままのことが多いです。

この乳腺をつなぐ乳管が同時に成長していないと、この乳腺が乳管を内側にひっぱってしまい、陥没乳首になってしまいます。

例えれば、乳管と大きくなった乳腺が綱引きをしている状態といってよく、乳首がくぼめばくぼむほど、乳腺に引っぱられている力が大きいといえるでしょう。

また、都市伝説的に巨乳の人は陥没乳首が多いといわれていますが、これは日本人女性のバストサイズの変化に比例するものとなっているようです。

この記事には、下着ブランドトリンプのブラジャーサイズ別の売り上げ推移が書かれています。

トリンプのカップ別売り上げ推移

C、Dカップが全体の半数を占め、中でも、1980年はDカップ以上の割合はたった4.5%ほどでしたが、2014年には46.3%と10倍以上に増えていることがわかります。

30年ほどの時間で日本人のバストサイズはこれだけ大きくなっているのに、乳首の発達は日本人の体質としてそう変わらないため、陥没乳首になる人が増えているのではと思います。

陥没乳首は遺伝するの?

この陥没乳首を引き起こしてしまう「乳管」の大きさは、生まれつきで決まっているものといわれており、そのため、ごく一部をのぞいて陥没乳首は先天的に起こりやすいものとされています。(後天的な場合はこちら

バストは成長して大きくなったけれど、乳首の大きさは生まれつきで変わらないというアンバランスが引き起こす状態が陥没乳首につながるといえます。

ただ、それが遺伝するかについて調べてみましたが、お医者さんの間での統一した意見は現時点で見当たりませんでした。

あるお医者様は遺伝は関係ないという意見もあれば、50%の確率で遺伝するという意見もあり、専門家の間でも中身が割れている…といった状態でした。

ワタシの母親も覚えている限りでは、陥没乳首ではなかったようですし…、今後の研究が待たれるところです。

原因その2:食の欧米化が先天的に陥没乳首を助長している!?

陥没乳首を引き起こしてしまう一因である、バストの成長がなぜ昔に比べて多くなっているかといえば、食の欧米化が一因としてあるようです。

バストの9割は脂肪ですが、広い意味でいえば、脂質の多い食べ物を多く食べると、バストサイズは大きくなるといえます。(もちろんバランス等もありますが…)

1980年以降、バストサイズは年々大きくなっているのは、先ほどのブラジャーサイズのデータのとおりですが、その間に食生活はどう変わったか調べてみると…

肉の消費量

40年以上前に比べて肉の摂取量が圧倒的に増えているんですね。

1991年には、輸入牛肉の全面自由化となり、この頃から食卓に牛肉が並ぶ頻度が多くなりました。

肉はカロリーも脂質が豊富なことから、たくさん食べることでバストアップにつながるといえます。

また、1987年にマクドナルドの「サンキューセット」が流行語大賞を受賞しマクドナルドはかなり広い一般層も日常的に食べるようになりました。

マクドナルドにも牛肉がたくさん使用されているので、やはり牛肉摂取量に大きく影響しているひとつなのかもしれません。

バストが大きくなることは良いことともいえますが、一緒に乳首の中の乳管も成長しない場合、陥没乳首になるリスクが増えてしまうと考えてよいかもしれません。

原因その3:間違ったサイズのブラジャー選びが陥没乳首を進行させる

3つめの原因は、根本的なものではありませんが、念のため。

最近ではかわいいデザインやバストを盛って見せることができるブラジャーもありますが、サイズ選びまで慎重に気にしていますか?

たいていのブラジャーはバスト全体を覆って乳首を隠す程度で装着するようになっています。

しかし、自分のバストサイズより小さいブラジャーをつけると、胸は盛って見えるのですが、乳首がバストに押し込まれた状態で固定され、胸が圧迫されてしまうことになります。

もともと乳管がそれほど発達していないと、圧迫され続けることでさらに陥没乳首へと進行させてしまうことになりかねません。

さらに乳首が蒸れて不潔な状態にもなりやすく、乳腺炎をはじめとした病気にもなりやすくなることから、やはり注意が必要です。

「私はきちんとしたサイズのブラジャーを選べているはず!」と思っている方もいるかもしれません。

しかし、2008年にワコールが調べた調査によると、71%の人がブラジャーのサイズを間違い、54%の人が小さいブラをつけていたというデータもあります。

2008年にワコールが調べた調査データ

また、すでに陥没乳首になってしまっている人もこのままですと、汚れがつきやすくなったりしてしまいます。

自分が今つけてるブラジャーのサイズが正しいか、着用方法は間違っていないかを改めて確認してみるようにしましょう。

陥没乳首を治すためのメジャーな方法とは?

今現在陥没乳首に悩んでいる場合、そのままの状態よりも、治していきたい…と考えている方もいらっしゃると思います。

ワタシは小さい頃から乳首がちょっとしか高さがなく、ちょうど真ん中が凹んでしまっている状態で、将来の授乳のために妊活している今だからこそ、絶対治したい!と思っていました。

では、陥没乳首を治す方法にはいったいどのような方法があるのでしょうか?

いくつかの方法がありますが、このページでご紹介するにあたっては比較的知名度が高いメジャーな3つの方法をご紹介します。

  • 陥没乳頭改善クリームを使って自力で治す
  • 形成外科や美容外科での陥没乳頭の矯正手術
  • 矯正器具である乳首吸引器を使って自力で治す

それぞれどのような特徴なのか、メリット・デメリットを含めてご紹介しますが、その前に自分の陥没乳首の状態について確認しておきましょう。

その基準は、どのように刺激したら乳首が出るようになるか?を基準として見分けていきます。

陥没乳首の露出度を軽度・中度・重度で図解陥没乳首の露出度を軽度・中度・重度で図解
  • 軽度…凹んでいるが、少しの手の刺激で出る
  • 中度…吸引器を使ったら出る
  • 重度…いろんな刺激をしても全く出てこない状態

ちなみにワタシは軽度~中度の間くらいの陥没状態でした。

方法によっては重度だと合わない場合もあるので、最初に確認しておくことがオススメです。

陥没乳頭改善クリームを使って自力で治す

最後にご紹介するのが、2017年に新しく発売された「ピュアナス」という陥没乳首改善クリームです。

実はワタシが陥没乳首を改善させることに成功したのが、なにを隠そうこのアイテムです!

ピュアナス

「クリームで陥没乳頭が治るの?」と最初にすごく疑問に思いましたが、ピュアナスは、乳首が乳房の中に引き込まれている力をやわらげる作用があり、乳首の形を整え、ぷっくり自然に引き上がってくるサポートをしてくれる成分が配合されています。

すこし言葉ではわかりにくいので、この図を見てもらうとわかりやすいと思います。

ピュアナスピュアナス

1日2回ピュアナスのクリームを塗り続けることで、徐々に引き込まれた力が消えていき、自然にぷっくりと乳首を押し出すことができるのだとか。

メリット

これはワタシの乳首のビフォーアフターを見てもらうしかありません(^^;;

実際に私はピュアナスを使いつづけてみて、1ヶ月後にはこんな感じになりました。

1ヶ月後に撮った乳首のビフォアフ画像

ピュアナスを使い始めて1ヶ月くらいたったときの乳首の変化、真ん中を除いて周りの部分が盛り上がってきている

真ん中はまだへこんでいるものの、乳首の周りが盛り上がったような感じが続くようになりました。

正直どのタイミングでこうなったかは気づかなかったけど、明らかに少しずつ乳首がでてきて最初よりも引き出せた感じのようになっています。

そして3ヶ月後には真ん中のくぼみもなくなってきて、あるときお風呂前に見ると、ほぼ解消されてきました。
その時の写真画像がこちらです。

約3ヶ月後の乳首の状態

別人か?と思いますが、同じヒトですよ(笑。

痛みやかゆみも一切起こらなかったですし、なにより吸引器のようにずっと装着する必要がないので、ストレスが全然かかりません。

黒ずみ防止や、汚れ・ニオイケアの成分も配合されていたので、乳首は黒くなる心配もなく、清潔に保ったままケアすることができました。

使いやすさについては、乳首吸引器よりも全然便利に使うことができます!

デメリット

改善が見込めるのは、軽度~中度の陥没乳首(なんらかの刺激で乳首が出る)に限られます。

重度の陥没乳首の場合は、ピュアナスを使っても効果がでない場合があります。

また、より効果を高めるためには、塗ったあとにマッサージをする必要があり、少し手間がかかるかもしれません。

ただ、慣れてくると、ほんの1~2分で終わるので、ワタシはそれほど面倒と感じることはありませんでした。

使いはじめてからの一部始終の体験談と、実際に使った方の口コミは次のページにまとめていますので興味のある方はぜひごらんくださいね!

関連ページピュアナスの効果を高める使い方と3ヶ月で陥没乳首はどう変わった?。口コミ評価も。

公式サイトなら25%割引で購入可能!

形成外科や美容外科での陥没乳頭矯正手術

乳房内の乳管と乳腺の図解

古くからある方法で、根本的に治したい場合はもっとも確実性が高い方法です。

主に形成外科や美容外科で行われていて、ネットでいくつかの病院を調べてみると、だいたいこのような感じでした。

  • 切開により、陥没した乳首を引っ張り出す
  • 入院は不要で、日帰りがほとんど、手術時間は2~3時間前後で終了する
  • 10日~2週間くらいで抜糸、手術後は時間の経過とともにほとんどわからなくなる。

メリット

古くからある方法のため、軽度~重度を問わず、ほぼ確実に治すことができるという点が最大のメリットです。

乳首の切開を行う方法が主流ですが、病院・クリニックによって、傷跡をできるだけ目立たなくしたり、穴をあけるだけで切開をしないなどの工夫をしているところもあります。

陥没乳頭形成術の病院による切開方法

デメリット

手術後しばらくは痛みが残ったり、お風呂や運動も回復するまで控えることが求められます。

また手術費用についても高い…と思ってしまう値段です。

病院によって幅があるものの、両側を手術した場合、おおむねこれくらいの金額になります。(2019年9月調べ)

  両側施術料金
共立美容外科 432,000円
紀尾井町プラザクリニック 324,000円〜
ナグモクリニック 150,000円程度
※保険適応費用45,000円から計算
北村クリニック 400,000円

授乳が困難な理由など、一定の条件がクリアされた場合は健康保険が適用され、3割負担になることがありますが、そうでない美容目的の場合は全額自己負担になります。

また、陥没乳首の手術は、難しい部類なのだそうで、口コミを探ってみると病院ならどこでも同じわけではなく、手慣れた専門家のお医者さんでないと、乳管を切断してしまって授乳ができなったり、想定のように出なかったりというケースがあるとか…(T . T)。

病院選びというより、実際に手術するお医者さんの技術選びもすごく大事になります。
手術を考える場合は、納得いくまでできるだけいろいろな病院・クリニックを比べて相談をしてみるようにしましょう。

ワタシも一時期手術を真剣に考えていたため、いくつかの病院の手術方法や特徴を別ページで詳しくまとめていますので興味のある方はご覧ください。

関連ページ病院で治療する場合の陥没乳首のさまざまな手術法

矯正器具である乳首吸引器を使って自力で治す

乳房内の乳管と乳腺の図解

自力で陥没乳首を改善していく場合、最もポピュラーなグッズなのが、乳首吸引器です。

どんな種類があるのか調べてみると合計10種類以上のグッズを見つけることができ、大きく分けて3つのタイプがあります。

授乳時などに一時的に出すためのポンプ型
陥没乳頭を根本的に改善するための常時装着型
吸引力が強く、授乳時にも、改善にも使える電動型

それぞれのタイプの特徴を表にまとめるとこのような感じです。

  価格 吸引力 授乳時 陥没乳首の改善
ポンプ型 安い
(500円~)
強い ×
常時装着型 普通~高い
(2,000円~)
やや弱い ×
電動型 高い
(4,817円)
強い

メリット

自分で手軽に始められて、ケアできるのがメリットです。

価格も安くて500円、一番高くても10,000円以内なので、費用の面でもリーズナブルに始められます。

特に授乳時など、一時的に乳首を出したい場合は、効果てきめんで、安いポンプ型を使うだけで一瞬で出すことができると思います。

陥没乳頭形成術の病院による切開方法

陥没乳首を根本的に改善する場合は、常時装着型の吸引器を使用して、1日中装着し続けることにより、乳首が出ることをクセづけていくことができます。

お医者さんによっては、手術よりも矯正器具として乳首吸引器の使用をすすめられる場合もあります。

関連ページ乳首吸引器は大きく分けて3タイプ!陥没乳頭は本当に治すことができる?

デメリット

乳首吸引器で改善できるのは、軽度~中度の陥没乳首(なんらかの刺激で乳首が出る)状態に限られます。

重度の陥没乳首の場合は、吸引器を使っても思うような効果が上げられない場合があります。

また、ワタシはすべてのタイプの乳首吸引器を使ってきたので言えるのですが、、どれも痛みは絶対あります!

グッズによってはかなり痛いものもあり、続けていくのが難しいな…と感じることもありました。

さらに、常時装着型の場合は24時間続けることが必要なので、汗によるムレが気になったり、外出中や寝ているときに途中でとれてしまって、使いにくいと感じることが多かったです。

すぐに治るわけではなく、時間をかけてじっくりと治していくタイプなので、この使いにくさはかなりストレスでした。

刺激をずっと続けていると、メラニン色素の沈着によって乳首が黒ずむこともあるので、ワタシは途中で使用を断念しました。。

具体的な使用記は、次のページをご覧ください。

後天的な陥没乳首の原因は?

最後に、陥没乳首は、生まれつきともいえる先天性の原因がほとんどだといわれていますが、バストに関わる手術を過去にしていたり、乳がんが原因でごくまれに陥没乳首になることもあります。

今まで普通の乳首だったのに、ある日急に陥没乳首になった場合は、念のためすぐに病院へいき診察してもらうようにしましょう。

ここまで、陥没乳首の原因と治し方についてまとめてみましたが、やはりこの状態になっていることは、ワタシも大きな悩みでしたし、ほかの方も同じように思っていらっしゃるのではないでしょうか?

ほかにも陥没乳頭にまつわるさまざまなことを以下のページにまとめていますので、ご興味のある方はご覧ください。

このページを書いたヒト:ナルミ(運営者情報)
ナルミ自己紹介画像ワタシは小さい頃から陥没乳首でずっとなやんでいました。
結婚して妊活はじめたのをきっかけに、きちんと授乳できるように(あと見た目も…)しようといろんなグッズにトライ!
いくつかの失敗もしてきましたが、最終的にピュアナスというアイテムを使って陥没乳首を治すことができました(^^。

手術せずにどうやって治したのかはこのページをご覧くださいね!

ほかにもせっかく得た知識をもとに、乳首に関するいろんなトラブルについての記事を書いています!

ワタシの体験が誰かのお役にたてられることを願って…。
気に入ったらtwitterもフォローしてください!